心療内科と精神科との違い

心療内科で診てもらえることは

近頃では精神科と心療内科の両方を掲げている病院やクリニックが多くあります。両方掲げてあれば、迷うことなく受診することが出来ますが、精神科、もしくは心療内科としか掲げてない場合は、どちらを受診したら良いのか迷ってしまいます。精神科のほうが症状が重い人が受診するものと感じ、なんとなく敷居が高くなりますが、実際には精神科と心療内科には違いがあります。どちらも心の病を治すことには違いはありませんが、心療内科では心と共に身体にまで症状がでた場合、例えば心身症といわれる精神的要因が原因で起こる頭痛や胃潰瘍、下痢や嘔吐、蕁麻疹や多汗などの症状があれば、心療内科を受診する目安となります。またストレスからくる高血圧や狭心症、喘息や糖尿病も心療内科で診ています。心療内科は原因となる心の病と身体的な治療の両方を治療します。

精神科で診てもらえることは

では精神科では何を診てくれるのかと疑問に思います。精神科では身体に症状がでていない心の病を治療します。うつ病や不安障害、双極性障害や統合失調症などです。他にも拒食や過食などを繰り返す摂食障害や、自分では予期できずに呼吸困難や動機などが起きるパニック障害、発達障害なども精神科で扱う症状です。不眠などの睡眠障害も心療内科で受診できますが、睡眠薬に詳しいのは精神科医のほうだといわれています。また交感神経と副交感神経のバランスが崩れて起こる自律神経失調症や、強いストレスによって日常生活が送れなくなる適応障害は、下痢や頭痛など心身症と似た症状が含まれるため、精神科と心療内科のどちらで診るのか曖昧な部分でもあります。このような違いはありますが、曖昧な部分も多いので、辛いと感じたときには通いやすいほうを受診して下さい。