心療内科の主な治療内容

心理療法と薬物療法が基本

心療内科の治療の肝となる心理療法では、医師や臨床心理士と対話を通じて問題解決を図ります。具体的には、ストレスの根源や人間関係、幻聴や幻覚といった問題を解決に導くことが可能です。心理療法には種類があり、精神分析、認知行動療法、カウンセリング、対人関係療法などが挙げられます。それぞれ治療回数などは異なりますが、他者と話すという点は共通しています。自分の感情や考えを言葉にして打ち明けることで、問題解決だけではなく精神的な負担を減らすこともできるのです。

心療内科の治療では、症状に合わせて薬を処方する薬物療法も行われます。抗不安剤や抗うつ薬、睡眠薬などが挙げられます。もしも薬が合わない場合は、早急に相談しましょう。

その他の治療内容とは

心理療法と薬物療法以外の治療内容として、生活指導があります。心療内科を受診する患者の中には、夜眠れなかったり食事をまともにとっていない人が多くいます。また、薬を処方しても飲まずに症状を悪化させてしまうケースもあるのです。こうした生活習慣を正すためには、本人の意志はもちろんのこと、専門家による指導が必要となります。具体的には毎日決まった時間に就寝及び起床する、薬は決められた分量を飲むなどの助言を行い、徐々に生活リズムを整えていくのです。

また、社会復帰や病気の再発を防ぐためのリハビリテーションも治療内容に含まれます。決まった時間に通院し、運動や料理などの活動を通して社会への不安や恐怖感を和らげます。